FXとバイナリーの違い

FXとバイナリーの違いはなんでしょうか?

 

決定的な違いは、期間、ですね。
どちらもメリットデメリットはあると思いますし、
トレーダーによっては、得意・不得意もあると思います。

 

 

 

 

【期間とはすなわち】

FXは、可能な限りそのポジションを持てる。
バイナリーはポジションがある期間まで決まっている。

です。

 

ポジションとは、保有しているもののことを指します。
そのポジションの入り口と出口で勝敗が決まるわけです。

例えば、FXで今からレートが上がっていくと予想します。
その時に、上げ=買いでエントリー(取引)をします。

 

この時、「買いポジション」を持っているということになります。
まだ勝敗は決まっていません。
ただエントリーすなわち入口にいるだけです。

たとえば、1ドル100円から1ドル110円まで上がると予想します。

 

そうすると、110円になった時に「利益確定」することで、
その買いポジションは無くなり、利益として口座にお金がかえってくるということです。

 

 

【入口と出口】
なのでFXは、自分で入口も出口も決めちゃうんですね。

 

時間の制限もありません。

明日になっても明後日になっても、もし目標価格までレートが達していなければ、持っておくことも出来るのです。

ただ、下がった場合=損失が出ている時も一緒です。

 

 

買いポジションで持っているのに、相場は下がり続けている。

予想に反して、下がり続けている場合、まだ決済を確定していないものの、損は出ていますよね。

 

それを「含み損」と呼びます。その逆は「含み益」ですね。

決済を確定することではじめて、利益なのか損失なのかが決まります。
決済確定によって出た結果が、

 

利益だった場合:利益確定
損失だった場合:損切り

 

と言います。

さらに詳しいFXのやり方や呼称などは置いておいて、
FXに関しては、入口と出口を自分で決めることが出来ます。

 

さらにバイナリーオプションに比べて手数料が少ないです。

 

とても収益として見込めそうなのですが、
大きな波をとらえるのに向いています。

時間を小さく刻んでとらえるよりも、
1日や1週間、1か月単位でとらえる方がFXはやりやすい、ということですね。

 

 

 

 

【バイナリーの場合】
バイナリーの場合は、5分や15分先のエントリーの出口が決まっています。

その時間にくると、強制的に決済が確定されます。

 

ただペイアウト(賭け金に対して戻ってくる金額)が大きいので、
1回のエントリーで大きく賭けることが出来たり、

相場をよく見れたりすると、短時間で稼ぐことが可能です。

 

5分や15分後で、決済(勝ちか負け)が確定するのですから。

なのでバイナリーは小さな波を予想する時に向いていると言えます。

 

 

 

【どっちがいいのか?】
これはトレーダーによって変わりますが、
小さな波をとらえるのが得意な人は、バイナリー向けと言えます。

 

また、バイナリーは今この瞬間にも稼ぐことが出来るので、魅力的と言えます。

 

ただFXもバイナリーも共通するところが知識です。
エントリーポイントは知識があれば、おのずとどちらも分かってきます。

 

 

あともうひとつ、バイナリーの場合は、プライスアクションがとても大事になります。

 

 

プライスアクションとは、ロウソク足がどのような動きをリアルタイムでするか、ということです。

 

たとえば、トレンドが今上昇傾向にあるとしても、今のプライスアクションが下げが強い、と判断した場合、
直近で下げのトレンドへ変わってきている可能性があるとみることも出来ます。

 

【手法】
手法のひとつとして、私の場合を少しだけ公開します。

 

「次のロウソクが陰線になるか陽線になるか?」

 

をあてるようにしています。

なのでロウソク足の途中で入ることはありません。

 

バイナリーオプションはその性質上、今のレートより、決まった時間において、上がっているか下がっているかを予想するものなので、

チャート分析をする以上、ロウソク足で判断していく必要があります。

ロウソク足形成の途中でエントリーをしてしまっても、過去のデータをとることができません。

 

ただ、陰線になったか陽線になったかに着目すれば、
過去のデータをとることができます。

 

 

 

 

【知識といってもそれは過去のデータ】
知識、知識、といっていますが、それは過去のデータや凄腕トレーダー達が教えてくれたもので、

 

すべて過去のものです。

 

ただそれでわずかに勝っている人が存在するということは、

過去のデータがいかに大事かが分かります。

 

 

特にバイナリーは1分や5分という短時間で判断しますので、

直近の相場環境の見極めがすごく重要になります。

 

ではその相場環境を見極めるには押さえるべき知識が必要です。

 

ゲームのようにインジケーターをこねくりまわすだけじゃ何もできないということですね。

 

 

以上、結論を言いますと、
FXがいいかバイナリーがいいかは、
そのトレーダーの得意不得意による。

FXは、大波をとらえ、
バイナリーは小波をとらえることが必要である。

バイナリーは短時間で稼ぐことが出来る反面、
直近の相場環境とプライスアクションを細かい単位で見る必要があるため、

知識量が必要であると考える。

 

 

でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です