酒田五法とは??Part1

【酒田五法とは?】

前回の記事でも書きましたが、酒田五法とは、江戸時代に本間さんという方が編み出したロウソク足理論のことです。

これは投資をするうえで絶対にスルーすることが出来ないスキルです。

 

これが分からずに投資をしている人は、にわかだと思います。

 

では早速今日は、その酒田五法を紹介していきたいと思います。

 

 

【大きく分けて5つ】

酒田五法は、その名の通り、大きく分けて5つの考え方が存在します。

 

・三山

・三川

・三空

・三兵

・三法

 

です。

 

戦国時代みたいでなんかかっこいいですね笑

日本人ならでは、といいった感じです。

 

今日はその三山と三川を紹介します。

 

【三山】

 

はい、これですね。

見ての通り、山が三つあるように見える形です。

 

これが天井圏(値が高く、もう天井だろと思われる帯域のこと)で現れたら、相場転換して、下降していくのではないか、と予想します。

 

 

「そうか~山三つで三山ね~はいはい」

 

 

で終わらせてはいけませんよお!笑

 

 

これから他に読み取れることがあるんです。

 

 

まず、全ての山の頂点が、赤いラインが引いてあるように、

高値を更新していないんですね。

三回も高値を更新しようと、下がっては再度上げて挑戦し、

 

 

っていうのを繰り返しています。

 

 

なのに、高値をぶち破れない。

 

 

これを見た投資家たちは、あ、このラインやべえな、ってなって、

 

もっていた買いポジションを売り始めます。

もしくは利確し始めます。

売りポジションを持っていた人たちは、これは、まだ持って置こう!と希望を託します。

また、ポジションを持っていない人達は、よし、いまだ売り!と売りポジションを持ち始めます。

 

 

結果、何が言いたいかというと、売りポジションが集中しはじめるんですね。

 

 

 

こうゆう理屈が分かっていないと、相場は見破ることが出来ないです。

 

 

これは酒田五法では三山ですが、山が二つの時もしかりです。

 

 

山が二つ出来た時は、ダブルトップと表現します。

もしくは二番天井ですね。

 

 

これが現れたら、だまって売れ、という名言があるほど、重要な波動なんですね。

 

 

 

 

変わってこれは、三尊と呼びます。

 

 

真ん中に大きな山ができたときですね。

 

これはきわめて下がる可能性が高いです。

 

勝率でいえば、80%くらいです。

 

これが時に大きな時間軸、1時間足以上の時間軸で現れた時は、売りが集中し始めますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

【三川】

 

次はこれです。

山の逆、だから川ですね。

 

 

これも底値圏で発生したら、方向転換して、上昇していく可能性が高い合図です。

 

 

川は、山の逆になっただけですので、

 

 

 

これも同じです。

 

 

かなり強い方向転換のしるしといえます。

これを三尊の逆だから、逆三尊と言います。

 

 

 

【三尊、逆三尊の注意点】

 

これ実は、かなりの人が知らない事実なんですが、

 

三尊、逆三尊がでれば、それ見て、エントリーすれば勝率安定するじゃん!

 

と思う人がいると思いますが、そう相場は甘くないんですね笑

 

 

では、三尊、逆三尊が出て、方向転換せずに、上昇・下降し続けたら、どうなると思いますか?

 

 

 

それを否定するほどの強い力が働くのです。

 

 

先ほど言いましたように、この三尊、逆三尊は、それ自体が相場に大きい影響を与える多くのトレーダーが意識するところなので、

 

方向転換するだろうと思われる方向に力が傾きやすいです。

 

 

ただこれを否定するとなると、それ以上の、倍近くなのかは相場によって変わると思いますが、

とにかくかなり強い力が働くというわけです。

 

 

 

とゆうことは、

例えば三尊が出た時に、

 

 

 

 

「きた~!!!売りだ~!!いっけ~!!」

 

 

とエントリーして、それを否定されたら、

 

とんでもない損失を招くおそれがある(エントリーとは逆方向に動きすぎて)

という場合もあります。

 

 

相場に絶対はありません。

 

 

 

【対策法は?】

 

対策法のひとつを上げておきます。

それは、三尊・逆三尊の形がきれいではない時です。

 

例えば、三尊があらわれたのに、

 

 

その波が右肩上がりになっている場合は、上昇を続ける可能性があります。

 

 

逆に、逆三尊が現れたのに右肩下がりになっていたら、下降を続ける可能性があります。

 

 

本当こんなシンプルなんですが、実は、

 

「三尊・逆三尊なんて知ってるよ~」

 

 

という人ほど、使ってないし、使えていない事実があるんですね。

 

投資知識って奥深いですよね~これだから面白い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です