逆張り

【逆張りとは??】

逆張りとは、前回紹介したトレンドフォローと逆の発想になります。

トレンドに逆らうので、「逆」張りなんですね。

 

 

 

 

ただ、ただの逆張りであれば、無謀な挑戦になってしまいます。

下落をしているトレンドに上昇でエントリーするって考えると、

 

「何いってんだこいつ?」となりますよね。

 

よく「逆張り」「逆張り」と聞くんですが、それだと負けちゃうのが当然ですので、今回は負けない逆張りの考え方を考えていこうと思っています。

 

【実は逆張り派は多い?】

投資の世界では、逆張り派は決して少なくなく、

特にバイナリーの世界では非常に多いです。

 

国によっても、多少正確がでるようで、

日本人は逆張りが好きな傾向にあります。

 

 

逆張りの特権といいますか、おいしさってなんなのかというと、

値幅がすぐ、大きくとれやすい、というところでしょう。

 

 

これは以前も紹介した、「乖離」というのが絡んでくるのですが、

 

相場はある基準値に対して、数値が離れすぎると、戻りやすくなる傾向があります。

 

 

なので、あまりにも上昇してしまった場合に、下落でエントリーすると、大きな下落になった時、おいしいわけです。

 

 

戻りたい気持ちは、利確や損切りも入りますので、トレンドフォローに比べて、急な動きが多いので、即お金になったりするのですね。

 

それをどうやら日本人は好きなようです笑

 

 

【逆張りの良い考え方とは?】

 

逆張りは前文でお話ししましたように、一見無謀な挑戦に見えるのですが、「乖離」などを応用すれば、とても知識に見合った投資法といえます。

 

 

 

例えばこの押し目ですが、

トレンドフォロー型にいっけん見えますよね。

 

ただ小さな波でいうと、明らかに下落した時に、エントリーを買う方法を押し目買いといいます。

 

これは、逆張りの一種なんですね。

 

だから、

「じゃあトレンドフォローじゃん」と思われるかもしれないんですが、そうなんです、

 

基本トレンドに逆らうって考え方ではなくて、

 

トレンドに乗りながらも反発しやすいところでエントリーしていくっていうのが良い逆張りの考え方と言えます。

 

 

 

【そもそもFXやバイナリーって・・・】

 

FXやバイナリーをはき違えてとらえちゃう方がいます。

 

それは、ポチポチしていると、

 

「自分の思い通りになれ~!」と思うわけです。

 

私たちはただ、相場の流れを読んで、そのほんの一部のお金を頂く、っていう感覚の方があっています。

 

なので、トレンドを止めることは誰にもできないのです。

 

そのトレンドに逆らうっていうのは、儲けなくても良い、損したいと言っているのと同じことになってしまいます。

なので基本プライマリートレンド(大きな優先すべき波動)に乗りながら、

 

その押し目をひろっていいく逆張りってのが相場に合っているといえるでしょう。

 

【具体的な手法】

 

具体的な手法は多種多様に渡るのですが、

 

以上を踏まえて、根本的な見るべき視点は、

①乖離

②トレンド

 

になります。

一体トレンドの基準から、どのくらい離れて、この相場は戻ってきやすい相場なのか

 

そして、トレンドとして一体どこへ向かっていくつもりなのか、を考えていくわけですね。

 

その目標値をターゲットプライスなんて読んだりします。

 

そのターゲットプライスを決めて、ここまで行きたいのではないかと考え予想すると、とても読みやすくなるので、皆様ぜひ実践してみてください。

 

 

【逆張り注意点】

 

逆張りの注意点は、なんといっても

 

①トレンドに逆らってしまった時

②トレンド押し目と思って入ったら、トレンド転換点だった時です。

 

②なんか、トレンドをとらえていたはずなのに、いきなりくるトレンド転換点の見極めを間違えて、そのまま負けが続いちゃって、大きな損失をくらうなんてことはよくあります。

 

なので逆張りをする時は、特にトレンドはどっちかを注意深く見極め、

トレンド転換点かもしれないと思うところはエントリーしないのが得策といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です