バイナリーオプション攻略法~ハイローを知る~

【なかなかの本題・・・】

実際、バイナリーオプションを攻略するにはどうしたらいいか?

本記事では、そんなことを書いてみようと思います。

 

まずは、バイナリーオプション、そしてハイローオーストラリア自体を知る必要があります!

どうゆう攻め方をするかに関しては、母体となる取引所も知る必要がありますよね。

 

まずは敵(味方?)を知る必要がありますので、それを解説していきます!

 

【取引可能な時間】

バイナリーオプションは、FXと違い、決済期間が決まられています。

 

1分間、3分間、5分間など、どの商品で取引するかによって、

1分後がハイかローか、などを決めていくわけですね。

 

ハイローオーストラリアは、時間軸としては、以下が選べます。

30秒(ターボ)

 

1分(ターボ)

 

3分(ターボ)

 

5分(ターボ)

 

15分(ハイロー)

 

1時間(ハイロー)

 

1日

 

 

これで、どのくらい先を予想するか、をまず決めましょう。

ただ1時間や1日に関しては、少しFXに近い取引時間になると思いますので、

バイナリーオプションのメリットを最大限にいかすなら、

15分以下の取引を行うことが望ましいと私は考えます。

 

 

【種類 ハイローとターボ】

詳しくは、メニューから、ハイローオーストラリアとは?というページを見れば、一目瞭然ですが、

 

基本4種類の取引を行うことができまして、それぞれ種類が違います。

まずは大きく分類しましょう。

 

ハイローとターボです。

 

ターボは、

今から1分や5分先に決済がされます。

なので、5分ターボを選んだ時に、15時13分13秒でエントリーすると、

15時18分13秒が決済完了期間になります。

 

したがって、今から何分後、といった予想の仕方で取引するのに向いています。

 

かわって、ハイローは、15分、1時間、1日、と区切られているのですが、

ここは、バイナリーなので、15分で取引すると仮定します。

 

15分なんですが、ここがミソで、15分間の枠の中で、5分ごとに区切られている、といったイメージです。

 

 

図はまさに、ハイローという商品を選んだ際の画面です。

15分ではありますが、今残り2分28秒が残っていますので、

今エントリーしたとすると、2分28秒後が決済時間になります。

 

 

図の赤印ですね。

横に、16:30と書いていますが、これは、16:30に判定がきっちり終了する商品ですよ、という意味なんです。

 

だから、15分のハイローを選んでいるのに、2分28秒後のハイとローを予想する商品とみなすことができます。

 

私はよくこのハイローを使います。

 

また、ハイローは、転売機能があります。

 

もし、途中で損切りしたい、もくは少し利確したいと思ったら、その時点で、

満了期間まで途中であっても、決済できるシステムです。

残り時間や、どれだけレートが離れたかなどによって、ペイアウト率は変わります。

 

 

【私個人がハイローをよく使う理由】

理由は主に、バイナリーオプションでは、陽線か陰線になるかをあてにいく、という手法でやっているからです。

 

 

では、次はこの画像を見てみましょう。

ハイロー、USD/JPY、15分を選んでみました。

 

 

赤丸をご覧ください。

 

16:40 が期日ですね、そして、今の時間から、残り7:04秒あります。

 

 

例えばロウソクの5分足、次は陽線かもしれない、と予想したとします。

 

その時、私は、この7:04が、5:03になった時にハイでエントリーをします。

 

5:00ちょうどでもいいのですが、キリがいい時間にエントリーすると、レートが大きく変わっちゃったりしちゃうこともあるので、

 

私は基本3秒前にエントリーしています。

 

すると、これは、16:40にハイだったかローだったのか、が判定される、ということですね。

 

なので、陽線か陰線か、をずれることなくあてにいくことが出来るのです。

 

ハイローでは、こうゆう活用方法があります。

 

【種類② スプレッド】

 

ターボとハイローを大体理解したところで、今度は、

スプレッドという2種類を見ていきましょう。

 

 

こちらですね。

スプレッドの特徴は、ペイアウト率が、2.0倍と非常に高いです。

 

ハイローとターボの機能は一緒ですが、そペイアウトが高い代わりに、

 

スプレッド=手数料 ということを意味しますので、

 

負け幅が少しだけ大きくなると考えると良いかもしれません。

 

 

図の赤丸をご覧ください。

 

下の赤い矢印と、緑の上の矢印がありますが、

 

 

黄色の丸が、現在のレートです。

 

スプレッドに関しては、この現在のレートに対して、

 

ハイであれば、緑矢印のレートでエントリー

→ペイアウトが高いが、その代り少し高いところでエントリーしてね

ローであれば、赤矢印のレートでエントリー

→ペイアウトが高いが、その代り少し低いところでエントリーしてね

 

ということなんですね。

 

【まとめ】

ハイローオーストラリアには、4種類取引方法があって、

主にターボとハイローに分かれます。

 

ターボの特徴としては、

①最短30秒の短期取引ができる

②現在の時間から、1分、5分後の満期を予想してトレードができる

 

ハイローの特徴としては、

①1時間や1日の取引もできる

②15分以内であれば、短期取引も可能で、5分ごとに満期を区切ってエントリーできる

③ ②が出来るので、5分足であれば、次のロウソクが陽線か陰線かをあてるのに適する

④転売ができる

 

 

そして、

残り2種類は、ターボとハイローのスプレッドです。

 

どちらも、通常のターボとハイローと機能性は一緒ですが、

①ペイアウト率が高い

②スプレッドの分を考慮して、エントリーをする必要がある

 

という形でした。

 

このことを踏まえてから、バイナリーオプションに取り組むかどうかで、

必ずといっていほど結果が変わってきます。

 

まずは取引する相手のことをよく知ってから、トレードに励むのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です